癒しの観葉植物を詳しく紹介しています。

癒しの観葉植物

 

 

観葉植物について

このページを見ていらっしゃる方は、観葉植物を育ててみようと思ってる方でしょ
うか。それとも観葉植物を初めて育てている方でしょうか。
観葉植物というのは、派手なお花をつけるわけでもなく、色々な色味があるわけ
ではありません。主に、葉っぱの形やその色などを楽しみます。
また、お部屋のインテリアにもなりますし、仕事中の眼精疲労を和らげてくれる
効果もあります。
観葉植物とひとことでいっても、日本で栽培されているだけで1200種類もあり
ます。これだけあれば、どの観葉植物が自分と合うのか、どうやって育てたら
長生きしてくれるのかなど、疑問がたくさんあるかとい思います。
たとえば毒素のある植物もあり、昔から墓花などにしきみという葉が用いられています。
このように色々な植物が存在しています。
そこでこのサイトでは、初めての方でも安心して観葉植物が育てられるように
詳しく紹介していきますので、ぜひ参考にして頂き、癒しの観葉植物生活を
味わってください。

観葉植物を選ぶ 時期編

観葉植物にも食べ物のような旬な季節があります。その季節とは、暖かくなって
くる5月から8月の頭くらいまでになります。観葉植物というのはもともとは熱帯
諸国の出身ですので、このような季節の方が植物自身も安定していて、成長
しやすいといえます。また種類も豊富に出回りますのでたくさんの中から選ぶこと
ができるのも嬉しいところです。

観葉植物を選ぶ 置き場所編

観葉植物を置く場所も決めておくことが大切です。リビングに置くのか寝室に
置くのかなどで、観葉植物の種類が変わってきますよね。また置き場所が
決まれば、次はスペースの確保も必要です。せっかく観葉植物を購入して
きても、鉢の大きさがスペースに合わなければ大失敗になってしまいます。
観葉植物の置き場所のおすすめは、明るい部屋で適度な光が入ってきて
風通しの管理を行いやすいところが、成長しやすい場所といえます。

 

観葉植物を選ぶ 良い鉢の見分け方編

育てたい観葉植物の種類が決まると、次はいよいよどの鉢を選ぶかになり
ます。この選び方次第で、長生きしてくれるかが変わってきます。
まずは害虫がついていないかしっかりチェックします。白い斑点があるものや
アリが登っているものは、害虫が発生していることが多いですので避けます。
下の葉っぱが枯れていて、土が少し臭うものもは根腐れしている可能性が
あります。ではどのような鉢がよいのでしょうか?
良い鉢とは、観葉植物の葉っぱが生き生きしていて、つやっぽいものが
元気な証拠です。幹もしっかりと引き締まったものを選んで下さいね。

 

 

 

 

 

観葉植物の基礎知識

TOPページ
上手な育て方
観葉植物の病気
観葉植物の常識・非常識

 

 

観葉植物を増やす

株分け・挿し木・葉挿し
取り木・茎伏せ・分球

 

観葉植物を選ぶ

インテリア・癒し効果編
目的・用途編 その1
目的・用途編 その2



その他

ご意見・ご感想
リンク集

 

 

TOPページ上手な育て方観葉植物の病気観葉植物の常識・非常識ご意見・ご感想
株分け・挿し木・葉挿し取り木・茎伏せ・分球インテリア・癒し効果編目的・用途編 その1目的・用途編 その2
Copyright (C) 癒しの観葉植物  All Rights Reserved  このサイトはリンクフリーです